獣医師によるペットの自然食・自然療法ガイド

Naturally Healthy & Happy

2016-2017 ⓒ Wholly Vet ナチュラルアニマルヘルス

疾患別の統合療法ガイド

Integrative Therapy Guide

Home > 統合医療について > 疾患別の統合療法ガイド

自然療法と現代医療の両方を生かす治療

私たちは現代医療だけ、または、自然医療だけにかたよった治療はお勧めしていません。エビデンスと経験に基づき両方の利点を生かしながら、飼い主さまが望む医療の実践を行なっています。

本ガイドは、医療関係者ではない方にも、自然療法を診療に取り入れたい獣医師の方にも広く使っていただけるようもっとも一般的な選択肢を提案しています。

実際の診療では、疾患の重症度や併発病の有無、病歴、一頭一頭の全身状態や体質、飼い主さまの希望よって治療アプローチが異なってきます。本ガイドは全症例に当てはめるものではなく一般的なガイドラインとしてお使いください。

本ガイドご使用に際しての注意事項

1. 次の場合は、漢方薬の使用を考慮する前にかかりつけの獣医師に相談しましょう。担当の獣医師が漢方薬に詳しくない場合は、当サイト獣医師まで直接またはかかりつけの獣医師を通してご連絡ください。

  • 現在、治療中の場合
  • 妊娠中
  • 今までに薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある場合

2. 本ガイドの内容は、獣医師の診断および処方に代わるものではありません。

3. 漢方薬については、用量を守れば犬猫でも比較的安全に副作用なくご利用いただけますが、症状や体質に合わないものを使用すると、症状が悪化することがあります。

4. 漢方薬やハーブを使用する場合、犬猫で多く認められる副作用の症状は下痢、嘔吐などの消化器症状です。まれに発疹、かゆみなどのアレルギー症状を起こすことが考えられます。食物アレルギーや不耐性がある場合は、漢方薬の有効成分だけではなく、添加物についても必ず確認を行いましょう。

自然療法ブログ

WhollyVet.comは最新獣医学と自然療法を安全に併用していただくことを目的とした飼い主様・獣医師様向けの情報サイトです。
本サイト内の情報は有資格の獣医師による審査を経て掲載されています。

2016-2017 ⓒ Wholly Vet ナチュラルアニマルヘルス