統合医療について

Veterinary Integrative Medicine

統合医療とは、近代西洋医学を中心とし、これに漢方薬、西洋ハーブ、鍼灸、薬膳などの伝統医学やマッサージ、アロマテラピーなどの民間療法といった安全性と有効性についてのエビデンスが得られている様々な方法を組み合わせることにより、健康を維持し、病気の予防・治療効果を上げ、患者の生活の質(QOL)を向上させることを目的とした医療のことです。

統合医療とは

近代医学が主に「疾病」を治す「対症療法」であるのに対し、伝統医学は患者自身の全体のバランスを診ることで病気を治していく「原因療法」といえます。

統合医療では、この2つを統合することで、一頭一頭の犬や猫に最も適したオーダーメイドの医療を提供することを目的としています。

例えば、皮膚病の場合、かゆみ、赤み、湿疹、二次感染といった症状は、経験のある獣医なら内服薬や外用薬で上手に抑えることができます。

でもそれだけではなく、皮膚病になりやすい体質を同時に改善していけば、治療だけではなく、再発の予防にもつながります。また、患者の心身の全体のバランスを整えることは、健康の増進、ひいては他の疾患の予防にも役立つため、患者自身だけではなく、愛猫・愛犬の健康と長寿を願う飼い主にとっても大きな安らぎとなるでしょう。

この「体質」の診断と改善に特に向いているのが漢方医学を始めとする自然療法です。日本の獣医領域では統合医療はまだあまり知られていませんが、海外ではすでに多くの大学や総合病院で統合医療科が設けられており、現代医学と伝統医学の専門医による共同医療(チーム医療)が行われています。

漢方の考え方を毎日の健康管理に生かして病気を防ごう

身近な漢方の考え方をもっと身近に。

漢方ガイド

専門医による犬猫にも使える漢方薬の解説はこちらから。

疾患別ガイド

現代医学と伝統医学の両方の利点を生かした治療方法。

症例紹介

統合療法による治療を行なった症例を順次紹介中。

統合医療とは

統合医療という言葉を知っていますか?

食事療法について

最新栄養学と伝統医学の知恵を生かして病気の治療に役立てましょう。