食物アレルギーの治療

Food Allergy

Step 1 原因物質を避ける

まずは原因物質を突き止め、取り除きましょう。

Step 2 食事療法・サプリメント

食事やサプリメントでアレルギーを起こしにくい体を作ります。

Step 3 漢方薬

症状が重く、ステップ1と2の効果を待っていられない場合には、漢方薬の力を借りることができます。

Step 4 腸を修復 

免疫系全体の70〜80%を担う腸を正常化して再発の防止に役立てましょう。

腸とアレルギーの関係

アレルギーの治療目標

アレルギーは、免疫系のバランスが崩れることにより、本来なら反応しなくてもよい物質に過剰に反応を起こすようになった状態です。

この免疫系の70〜80%を占めているのが腸。免疫系全体のバランスを整え、アレルギー症状を完全に抑えるには「破綻した腸の免疫系の修復」が重要なポイントになります。

食物アレルギーの場合、多くは「未消化の食べ物」が原因で起こります。腸管が健康な場合は、食べ物は効率よく消化され、食物が未消化のまま残ってしまっても吸収されることはなく、ウンチとして排泄されるため問題は起こりません。しかし、消化管に炎症や損傷などの異常が生じると、消化効率が落ちて未消化の食べ物が増えるだけでなく、食べ物が腸壁を通り抜けて腸に隣接する免疫組織を刺激するようになります。

こういった刺激が軽度な場合や一時的な場合は、免疫組織がうまく対処できるため、アレルギー反応は起こりません。しかし、ストレスで胃腸機能に障害が生じたり、アレルギー物質が大量に入ってくると、免疫機能が破綻し、アレルギー反応が起こるようになります。

​全身の免疫系は免疫細胞やシグナル分子を通して連絡しあっているため、このような腸管免疫系への刺激が長く続くと、全身の免疫系も過敏な状態になり、呼吸や皮膚を介して入ってくる食物以外のアレルギー物質(花粉やノミ、ハウスダストなどの環境アレルゲン)にも過剰な反応を起こすようになります。

食物アレルギー、環境アレルギー、ノミアレルギーなど複数のアレルギーが併発しやすいのは、これが理由です。

アレルギーの閾値説と加算効果とは

アレルギーの閾値

アレルギーの治療でもう一つ重要なコンセプトにアレルギーの閾値というものがあります。閾値(限界)を上回る量のアレルギー原因物質(アレルゲン)が体内に入ってくると、アレルギー症状が始まるという考え方です。

例えば、この図で、食物アレルゲンを、環境アレルゲンをとすると、少量のまたはが単独で体の中に入ってきても、アレルギー症状は起こりません。しかし、が同時に存在する場合、双方の量を合わせると閾値を超えてしまうため(加算効果)、症状が出るようになります。

閾値の高さには個体差があり、生まれつき閾値が低い子もいれば、食事やストレス、病気などさまざまな要因が理由で閾値が下がってしまう子もいます。

つまり、原因の食物だけではなく、他のアレルゲンもできるだけ取り除くことで(1)アレルゲン全体の量を低く保つこと、そして、サプリメントや食事療法など全身のバランスを整える治療で(2)閾値を上げることの2つがアレルギー治療の目標となります。腸の修復は、このいずれにも役立ちます。

腸の修復方法(3R)

1. アレルギーと炎症を起こしやすい物質を取り除く
  • アレルギーの原因がわかっていれば、それを取り除く。
  • 犬猫でアレルギーを起こしやすい乳製品と牛肉は与えない。
  • 猫の場合は、炭水化物食品の摂取を一切やめること。
  • 犬の場合は、米などの穀類をジャガイモ、カボチャ、サツマイモに切り替える(与えなくてもよい)。
  • ペットフードを与えている場合は、手作りに切り替える。食事を作る時間がなければ、添加物、防腐剤、グルテン、過剰な炭水化物原料を含まないペットフードに切り替える。
  • ノミやダニなどがつかないようにし、外から帰ってきたらブラッシングで被毛についたアレルゲンを取り除く。
  • 浄水器で濾過した水を与える。
  • アレルギーの治療中はワクチンの接種を控える。
  • 抗生物質やステロイド等の薬剤の使用をできるだけ避ける。
  • ペットホテル宿泊などのストレスを避ける。
  • 過度な運動は行わない。
2. 腸を休ませ、自己修復させる時間を与える
  • 週1回、夜ごはんを与えない日を作る(朝に1日分の食事を与えたら次の日の朝まで水かボーンスープ以外は何も与えないようにし、腸が完全に空になる時間を作る)。
  • 下痢などの消化器症状がひどい場合は、2〜3日絶食。
3. 腸の回復を促すサプリメントを与える
  • スリッパリーエルム:消化管の炎症を抑えて修復。便秘になる場合がある(その場合は量を減らす)。20〜40 mg/kg・1日3回

 

  • リコリス(甘草):消化管粘膜の再生を促進。長期使用はしない。唾液分泌が多い、太りやすい体質の犬猫には使用しない。
  • 乾燥ハーブ:30〜100 mg/kgから・1日2回
  • チンキ剤:1〜3滴/kgから・1日3回
  • 乾燥濃縮エキス:20 mg/kgから・1日2回

ステロイドや抗生物質はいつ使う?

必要な時には怖がらずに使用。上手に使えば副作用も少なく、長期使用する必要もありません。

その他の治療方法

アレルギーの治療には他の方法も使用されています。