食物アレルギーの治療

Food Allergy

Step 1 原因物質を避ける

まずは原因物質を突き止め、取り除きましょう。

アレルギーの原因である食物を与えない

原因の食べ物を取り除けば、1日〜数週間で症状がなくなります。重症なほど時間がかかります。

アレルギーを起こしやすい食物ランキングをチェック

アレルギーの原因がわからない場合は・・・

1. 今まで与えていた食事・ペットフード・おやつの成分をすべて書き出す
2. 与えたことのない食物を与える

手作り食の場合はタンパク質食品 1 種類 + 炭水化物食品  1 種類 + 野菜・果物 1 〜 3 種類を基本とし、2〜3週間同じメニューを継続。ペットフードの場合は、除去食試験用のフードを使用するか、成分を確認して選びます。

*今まで与えていた食事がわからない場合は、犬猫でアレルギーを起こしやすい食物を除きましょう。

症状がなくなった

やめた食物のどれかが原因!

  • リストアップした食物を2〜3週間おきに1つずつ足していく
  • 再発したらそれが原因
  • アレルギーの症状はすぐに出る場合も数日経たないと出ない場合もあるので、新しい食物を1つ足したら最低2週間は様子を見る

症状は軽くなったけれど6〜8週間経っても完全に消えない

他のアレルギーや疾患が併発!

  • 現在食べている食事を見直す(前に気づかずに与えていた場合がある)
  • 複数の食べ物にアレルギーを起こしている可能性がある
  • 環境アレルギー(アトピー)やノミの対策も行う
  • 他に基礎疾患がないか動物病院で検査してもらう

2〜3週間経っても全く改善しない

食物アレルギーではない!

  • 環境アレルギー(アトピー)やノミの対策も行う
  • 他に基礎疾患がないか動物病院で検査してもらう
  • 現在食べている食物を以前に知らずに与えていた可能性もある

こんなことにも注意

  • 全成分がはっきりと書かれていないペットフードや食品の使用は避けましょう。例えば「肉類」「動物性油脂」と書かれている場合は、どの動物由来かわからないため、アレルギー原因物質を特定することも避けることもできません。

 

  • チュアブルタイプの治療薬や予防薬には牛肉や鶏肉エキス、ポークエキス、酵母が使用されているため、確認する必要があります。

 

  • 治療中は免疫系を刺激しないようワクチンの接種をできるだけ控えましょう。

アレルギー検査について

今まで血清抗体検査や皮内検査などでアレルギー検査が行われていましたが、偽陽性結果が非常に多く、食物アレルギーの確定診断には上記のように疑われる食材を避ける除去食試験を行うしか方法がありませんでした。

そのような中、数年前に唾液を利用したアレルギー検査がアメリカで開発され、犬猫でアレルギーが起こりやすい24種類の食物の検査を行うことができるようになりました。当サイトの獣医師も利用していますが、臨床症状と照らし合わせて解釈することで、食物アレルギーの診断がより早く確実に行えるようになりました。

アメリカ国外の飼い主の方も直接申し込むことができます。ただし、申し込み、検体の送付、検査結果はすべて英語になりますのでご注意ください。

NutriScan サイトへ(英語)

ステップ2 食事療法・サプリメント

食事やサプリメントでアレルギーを起こしにくい体を作ります。

ステップ3 漢方薬

症状が重く、ステップ1と2の効果を待っていられない場合には、漢方薬の力を借りることができます。

ステップ4 腸を修復

免疫系全体の70〜80%を担う腸を正常化して再発の防止に役立てましょう。

ステロイドや抗生物質はいつ使う?

必要な時には怖がらずに使用。上手に使えば副作用も少なく、長期使用する必要もありません。

その他の治療方法

アレルギーの治療には他の方法も使用されています。