獣医師によるペットの自然食・自然療法ガイド

Naturally Healthy & Happy

2016-2017 ⓒ Wholly Vet ナチュラルアニマルヘルス

ペットフード成分ガイド

PET FOOD INGREDIENTS

Home > お役立ち情報 > ペットフードガイド > ペットフード成分ガイド

健康的な成分

要注意成分

危険な成分

健康的な成分

  • 鶏肉・トリ肉・チキン
  • ターキー
  • ポーク
  • ビーフ
  • ラム
  • カンガルー
  • ​ベニソン
  • 全卵
  • フィッシュ・魚肉
  • ツナ・まぐろ
  • サーモン
  • ​チキンネック
  • レバー
  • 腎臓
  • 心臓
  • 脾臓
  • ​肺
  • 胃・トライプ

犬でも猫でも​主食は肉や魚などの動物性タンパク質食品がベストです。これらの成分が主成分(原材料リストの一番最初に記載)として使われているペットフードを選びましょう。「新鮮○肉」「フレッシュ○肉」「○○生肉」と書かれているもの、オーガニック認定されているもの、ホルモン剤や抗生物質が使用されていないものであれば、もっとよいでしょう。

レバーなどの内臓肉は、天然のビタミン剤。でも過剰摂取は禁物です。主成分ではなく、部分的に含まれているものを選びましょう。また、「豚レバー」などのように由来動物がきちんと書かれているものを選んでください。食物アレルギーを起こした場合に、原因の特定につながります。

  • 野菜
  • 果物

果物や野菜はビタミンだけでなく抗酸化作用や抗炎症効果の高いさまざまな種類のフィトケミカルが含まれています。犬では原材料リストの前の方に書かれているとよいでしょう。猫は犬と違って完全な肉食動物なので、少なめ(リストの最後の方)か、もしくは全く含まれていなくても構いません。

ただし、ドライフードや缶詰、パウチ製品では、製造時の加工過程で重要な成分はほとんど壊れてしまいます。これらの成分が入ったペットフードを探すよりも、自分で新鮮な野菜や果物を加えて与えた方が効果があります。

  • 軟骨
  • 緑イ貝
  • 酵母
  • フラクトオリゴ糖
  • マンナンオリゴ糖​
  • カルニチン
  • リポ酸
  • キチン
  • グルコサミン
  • コンドロイチン
  • ユッカ
  • ルテイン
  • チコリールート・チコリーパルプ
  • サイリウム
  • ビートパルプ
  • ​亜麻仁・フラックスシード

これらの機能性成分は、必要な栄養素を補ったり、健康を促進するために含まれています。

​一番右の食物繊維は犬にとっては健康効果がありますが、猫の消化管には負担になる場合があります。また、犬でも胃腸の弱い子は注意が必要です。

注意が必要な成分

  • 大豆・大豆タンパク
  • ​エンドウマメ・グリーンピース
  • コーングルテン
  • 肉類・魚類
  • ○○プロテイン

これらの成分が一番最初に書かれている場合は注意しましょう。大豆などの植物性タンパク質は、犬猫の主食としては適していません(特に猫)。「肉類」「魚類」「○○プロテイン」は由来がきちんと書かれていれば多少は安心できますが、書かれていない場合や「〜等」と記載されている場合は、低品質の原料が使用されている可能性大です。また、食物アレルギーを起こした場合にアレルギー源を特定することができません。

  • 米・米粉
  • 玄米・玄米粉
  • キノア・キヌア
  • トウモロコシ(全粒)

これらはグルテンが含まれておらず、健康に害のない炭水化物食品ですが、原材料リストの一番最初に書かれている場合はアウトです。犬でも猫でも炭水化物の食べ過ぎはさまざまな病気を引き起こします。肉や魚が一番最初に書かれているものを選ぶようにしましょう。

​主成分でなければ、良質なエネルギー源になります。キャットフードの場合は少なめの量のものを選びましょう。

  • ライ麦
  • オート麦
  • オートブラン
  • 大麦

これらは比較的健康に害のない炭水化物および食物繊維源(オートブラン)ですが、原材料リストの一番最初に書かれている場合はアウト。犬でも猫でも炭水化物の食べ過ぎはさまざまな病気の原因になっています。肉や魚が一番最初に書かれているものを選ぶようにしましょう。

また、グルテンが含まれているため、炎症性腸疾患、食事アレルギーなどで食事療法中の場合は避けたほうがよいでしょう。

​​主成分として使用されていなければ、良質な原料です。キャットフードの場合は少なめの量のものを選びましょう。

  • ポテト​・じゃがいも
  • ポテトスターチ
  • ​○○スターチ
  • さつまいも
  • ソルガム
  • ​タピオカ
  • トウモロコシ
  • ​コーンスターチ

これらの炭水化物はでんぷん質が多いため、食後の血糖値の上昇が大きく、糖尿病、肥満などのメタボリックシンドロームになりやすい食品です。少量であれば大丈夫ですが、原材料リストの一番最初に書かれている場合はアウトです。

  • 乳酸菌
  • ​ビフィズス菌
  • 魚油
  • フィッシュオイル
  • サーモンオイル
  • 植物油
  • 海藻
  • 昆布
  • ボーンミール
  • ​肉骨粉

これらの成分は健康によいとされるものですが、上手に選ぶ必要があります。

  • ​乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌は、生きた状態で腸に届かないとよい効果が得られません。ドライフードや缶詰フードを製造する過程でほとんどが死んでしまうので、あまり意味のない成分です。

 

  • 魚油やサーモンオイルは、開封後に酸化しやすく、逆に健康を害する可能性があります。

 

  • 植物油の多くはペットフードを加熱加工する過程で劣化し、やはり健康に良くない副産物を生じることがあります。

上記の成分を与えたい場合は、フリーズドライなど加工に工夫してあるフードを選ぶか、ペットフードとは別にサプリメントで与える方がよいでしょう。

  • 海藻類は天然のヨウ素源として使用されていることがありますが、ヨウ素含量が季節によって大きく異なることがあるため、甲状腺の健康が気になる猫では注意が必要です。

 

  • ボーンミール(肉骨粉)は優れたカルシウム源ですが、由来動物と原産国がきちんと記載されていることを確認してください(詳細はこちら)。
  • 鶏油脂
  • 豚脂
  • 動物由来油脂

これらはペットフードの嗜好性をよくするために加えられています。動物性油脂は犬猫の栄養には欠かせないものですが、開封後に非常に酸化しやすく、細胞レベルでダメージを及ぼします。また、どの動物由来かがきちんと書かれているかチェックしましょう。

推奨されない成分

  • ​○○副産物
  • ​○○副産物粉
  • ○○ミール

これらは低品質のタンパク質源です。人の食用に適さないクズ肉や内臓、脂肪を含み、病気のために処分された家畜や事故で死亡した動物が使われている可能性があります。品質がきちんと確保されており、由来が明らかなものでない限りは、避けた方がよいでしょう。

  • 小麦
  • 小麦粉
  • 小麦グルテン
  • 小麦ブラン

これらの材料にはグルテンというタンパク質が含まれています。原材料リストの一番最初に書かれている場合はアウトです。グルテンは、炎症を起こしやすく、犬や猫でも炎症性腸炎やリーキーガット(腸漏れ)症候群、ひいては食物過敏症や食物アレルギーなどさまざまな病気の原因となっています。少量であれば、臨床的な問題になることはありませんが、怖いのは明らかな症状が現れずひそかに炎症が進行して、慢性化していく場合です。

また、でんぷん質の多い小麦は、犬でも猫でもさまざまな病気の原因となっています。

  • ブドウ糖
  • カラメル・カラメル色素
  • シロップ
  • 果糖・フルクトース
  • グァーガム
  • キサンタンガム

ブドウ糖などの甘味料は嗜好性を高めるために使用されています。「○○ガム」は、缶詰フードによく使用されているとろみを出す成分です。いずれも犬や猫には必要なく、血糖値を上げることでさまざまな代謝性疾患を引き起こす可能性があります。

  • ソルビン酸カリウム
  • BHA・BHT
  • 没食子酸プロピル
  • 着色料
  • 亜硝酸ナトリウム
  • カラギーナン

これらはペットフードの日持ちや発色、粘性をよくするために使用されていますが、発がん性や刺激性があることがわかっている物質です。

ペットフードブログ

WhollyVet.comは最新獣医学と自然療法を安全に併用していただくことを目的とした飼い主様・獣医師様向けの情報サイトです。
本サイト内の情報は有資格の獣医師による審査を経て掲載されています。

2016-2017 ⓒ Wholly Vet ナチュラルアニマルヘルス