環境アレルギーの治療

Environmental Allergy

Step 1 原因物質を避ける

まずは原因物質との接触をできる限り減らしましょう。

花粉、ハウスダストなどの環境中のアレルゲンは完全に除去するのが困難。できるだけ減らすことを目標にしましょう。

  • 花粉など家の外に原因がある場合:外出後は家に入る前にブラッシングし、体表に付いたアレルゲンを落とす。嫌がらなければ外出時に洋服やマントを着せてあげるとよい。

 

 

  • 皮がむけたり、出血している場合は、無理に入浴させないこと。ブラシやタオルで体表の汚れを落とし、足浴と耳掃除を行う。

 

 

  • 手足の先をよくなめている場合は足浴が効果的。

 

  • 家の中や庭の掃除も定期的に行い、空気清浄機を使用してアレルゲンをなるべく減らす。

 

  • 治療中はワクチンの接種をできるだけ控える。

Step 2 食事療法・サプリメント

食事やサプリメントでアレルギーを起こしにくい体を作ります。

Step 3 漢方薬

症状が重く、ステップ1と2の効果を待っていられない場合には、漢方薬の力を借りることができます。

Step 4 腸を修復

免疫系全体の70〜80%を担う腸を正常化して再発の防止に役立てましょう。

ステロイドや抗生物質はいつ使う?

必要な時には怖がらずに使用。上手に使えば副作用も少なく、長期使用する必要もありません。

その他の治療方法

アレルギーの治療には他の方法も使用されています。