獣医師によるペットの自然食・自然療法ガイド

Naturally Healthy & Happy

2016-2017 ⓒ Wholly Vet ナチュラルアニマルヘルス

人・犬・猫 家族みんなで楽しむごはん

癒し効果抜群のボーンスープ

2016/12/01

腸疾患、関節炎から腎不全、ガンなどの慢性疾患まで。もちろん健康な時にも。

残り物やお肉屋さんで捨て値で売っている骨を利用して、抗炎症効果の高いスープを作りましょう。健康な時にはもちろん、病気で食欲がない時や病気の回復期にもお勧めです。

時間:12〜24時間

材 料

人・動物共通

  • 鶏・牛・ラムの骨

約1~2kg
魚のアラも利用可
生でも調理した残り物でもOK

大さじ2〜3

  • 残り野菜、野菜の皮・ヘタ

適宜(なくてもよい)
ネギ類は避ける

  • パセリ、ローズマリー等のハーブ

適宜(なくてもよい)

作り方
腸疾患、関節炎から腎不全、ガンなどの慢性疾患まで。もちろん健康な時にも。

1. 骨を流水で洗い、脂肪がたくさん付いている場合は取り除きます。牛や羊の骨など大きなものは、かなづちで割り、鍋に入る大きさにする必要があるかもしれません。オーブンやグリル(180℃)で焼くと割りやすくなり、余分な脂を落とすことができます。

腸疾患、関節炎から腎不全、ガンなどの慢性疾患まで。もちろん健康な時にも。

2. 大鍋に骨、酢、ぶつ切りにした野菜を入れ、吹きこぼれない程度に水をたっぷり加えます。

3. 強火で加熱し、沸騰したらアクを取り、ごく弱火にして蓋をし、12~24時間煮込みます。鶏や魚は12時間、牛・ラムなどの大きめの骨は24時間を目安に。水が少なくなってしまったら材料がかぶるくらいまで足します。

腸疾患、関節炎から腎不全、ガンなどの慢性疾患まで。もちろん健康な時にも。

4. 最後にパセリなどのハーブを加えて火を止め、10分ほど置きます。

5. ザルや料理用ガーゼで濾して、骨や野菜を取り除きます。

腸疾患、関節炎から腎不全、ガンなどの慢性疾患まで。もちろん健康な時にも。

6. 冷蔵庫で冷まし、浮いて固まった脂を取り除きます。人用の分は取り除く必要はありませんが、犬・猫は脂肪を摂りすぎると膵炎を起こすので注意が必要です。長期の病気療養中で、食事の代わりとして与える場合は脂肪がカロリー源になりますから、そのままで大丈夫です。

腸疾患、関節炎から腎不全、ガンなどの慢性疾患まで。もちろん健康な時にも。

脂肪の下にあるのがゼラチン質たっぷりのボーンスープ。冷やすとゼリー状になります。

腸疾患、関節炎から腎不全、ガンなどの慢性疾患まで。もちろん健康な時にも。

すぐに使用しない分は小分けして冷蔵または冷凍で保存します。

栄養情報
利用方法

犬・猫

  • 冷ましてからそのまま、または薄めて飲み水の代わりに与えます。
  • 毎日のご飯にスプーン1〜3杯ずつかけて。
  • 消化器系が弱っている際には、溶き卵、白いごはん、鶏のささみなどを加えておかゆにし、体温程度まで冷ましてから与えます。
  • 漢方などの粉薬を与える際に、少量のスープに溶かして飲ませるか、シリンジなどで与えます。

  • そのまま、または塩こしょうや溶き卵、ハーブを足してスープとして。
  • 鍋やカレー、麺物、雑炊、煮込み料理に。
  • 風邪をひいたときには、生姜やこしょうを加えて温めて飲みます。
  • デトックスに。食べ過ぎや飲み過ぎが続いたら、夕食をボーンスープに置き換えて。腸を一晩休めることで体を中からリセットします。
どんな時にボーンスープを?
  • 食欲がない時のエネルギー源として。

 

  • 下痢の時に・・・下痢による脱水症状を防ぎます。下痢をしている時は、腸管を自己修復させるため1~2日間の絶食を行いますが、その際の水分補給になるだけでなく、腸管粘膜を修復することで早い回復を促します。

 

  • 腎不全、がんなど、水分を少しでも多く摂取してほしい慢性疾患に。

 

 

  • 関節炎、骨折の治癒促進に。

 

  • 健康な時の予防として。
ボーンスープの効果
  • 関節部分から溶け出したゼラチンがダメージを受けた腸管を修復します。下痢からの回復期や、食物アレルギー・不耐性が疑われる際に。

 

  • コンドロイチン、グルコサミンが関節炎の症状を緩和し、関節疾患を予防します。

 

  • 骨から溶け出したカルシウム、マグネシウム、リン、シリカなどのミネラルが丈夫な骨を作り、骨折後の治癒を助けます。

 

  • グリシン、プロリン、アルギニンなどの抗炎症効果が高く、消化や解毒を助けるアミノ酸が含まれています。

 

  • 体を温めることで、免疫など体のさまざまな機能を高めます。

 

  • がんや慢性腎臓病など、貧血や免疫抑制が起こる慢性疾患に。赤血球リンパ球の産生の場である骨髄は、これらの細胞を作るのに必要な物質がたくさん含まれています。
メ モ
  • 骨が手に入らない場合は、鶏の手羽先、ネック、足などでも代用できます。

 

  • 酢を加えることで、骨や骨髄からさまざまな成分を引き出すことができます。

 

  • 冷やしてもゼリー状にならない場合は酢を多めに入れましょう。最後に残った水分が多すぎても固まりません。

WhollyVet.comは最新獣医学と自然療法を安全に併用していただくことを目的とした飼い主様・獣医師様向けの情報サイトです。
本サイト内の情報は有資格の獣医師による審査を経て掲載されています。

2016-2017 ⓒ Wholly Vet ナチュラルアニマルヘルス