獣医師によるペットの自然食・自然療法ガイド

Naturally Healthy & Happy

2016-2017 ⓒ Wholly Vet ナチュラルアニマルヘルス

Home > お役立ち情報 > 犬の体質診断 > 火タイプの犬
火のタイプの犬

火のタイプのワンちゃんは、炎のように輝く魅力と激しい気性を持っています。くるくるとよく動き、感情表現が非常に豊かで、あなたが帰宅すると大喜びで迎えてくれるのではないでしょうか。

仕草が可愛らしく、人の注目を集めることが何よりも大好きです。とても賢いので人を操るのもお手のもの。

逆にいうと、興奮しやすく、落ち着きがなかったり、寂しがりやで分離不安になりやすいのもこのタイプのワンちゃんの特徴です。

ストレスの影響を受けやすいため、食事管理や漢方、ハーブでストレスに負けない体作りを心がけましょう。

人間と同じように犬でもストレスはいろいろな病気の原因になりますが、このタイプのワンちゃんは特に心臓が影響を受けやすいようです。CoQ-10などの心臓保護効果のあるサプリを欠かさないようにしましょう。

また、体が熱くなりやすいかもしれません。舌が赤い、ハアハアと息をしているなどの様子が見られたら、涼しいところで休ませてあげてください。体の熱をとる食材を普段の食事に取り入れると良いでしょう。

よくある犬種・特徴
  • ダックスフンド
  • トイプードル
  • ヨーキー
  • コッカースパニエル
  • 舌が赤い
  • くるくるとよく動く
  • よく吠える
  • 夢をよく見る
  • 人の後を付いて回る
長所
  • 愛情深い
  • 感情表現が豊か
  • 人と遊ぶのが好き
  • 抱っこされるのが好き
  • 飼い主の考えを読む
  • 悲観しない
  • 目が輝いている
  • 賢い
短所
  • 興奮しやすい
  • 感情がコントロールできない
  • プライドが高く、すねることがある
  • 気が向かないと飼い主に従わない
  • わがまま
  • 何か気に入らないとヒステリーを起こす
  • 無駄吠えが多い
こんなことが幸せ
  • 注目を浴びているとき
  • 飼い主と一緒にいるとき
  • ほめられているとき
苦手なこと
  • 暑さ
  • 無視されること
  • 留守番
なりやすい病気・症状が現れやすい部位
  • 分離不安
  • 心臓病
  • 腎臓病
  • 主に前躯
火の性質が強くなりすぎると…
  • 興奮しやすくなる
  • 意味のない無駄な動きが多くなる
  • 暑がる
  • 乾燥しやすくなる
  • 心肥大、頻脈、不整脈を起こしやすくなる
火の性質が弱くなりすぎると…
  • 不安や怯えが強くなる
  • 自己中心的になる
  • パニックを起こす
  • 心臓が弱りやすくなる
  • 粘膜蒼白・貧血が見られるようになる
  • 寒さに弱くなる
日常の健康管理で心も体もバランスよく
  • ストレスに強い心と体を作る
  • 落ち着いた環境で独りになる練習をする
  • 夏季はローフード(生食)がおすすめ
  • 水を常に補給
  • 熱を冷まし、心を落ち着ける食材を取り入れる
  • 体を潤す食材を取り入れる
おすすめの食材・レシピ・ハーブ
  • レバー
  • 心臓肉(ハツ)
  • 腎臓肉(マメ)
  • 牛肉
  • 鴨肉
  • 豚肉
  • 魚介類
  • セロリ
  • アスパラガス
  • キャベツ
  • きゅうり
  • スイカ
  • 根菜(かぼちゃ、さつまいも、ビーツ、百合根など)
  • 発芽玄米・オーツ麦
  • ごま

ストレスに弱い子にはストレスサプリアダプトジェンもおすすめです。

漢方薬の使用例
火の性質が強すぎるとき
  • 逍遥散(ストレス、分離不安、夢をよく見るなど)
火の性質が弱すぎるとき
  • 定志丸(不眠やイライラなどの症状に)
  • 酸棗仁湯(不安症、イライラ、不眠に。血液を補うことで熱を和らげ、心を鎮める作用がある。)
  • 天王補心丹(心腎を補い、熱を冷まして心を落ち着ける。特に高齢で、肥満・嘔吐・脂漏症・繰り返す膀胱炎・外耳炎など内湿の症状がない場合)
避ける食材
  • ドライフード

こちらもおすすめ!毎日の健康管理に生かせる漢方医学の知恵

うちのコは陰?それとも陽?

健康を維持して長生きしてもらう秘訣は、陰と陽のバランスを保つこと。愛犬・愛猫が陰と陽のどちらに傾きやすいかを知って、日常の生活の中でバランスをとりましょう。

あなたの犬猫は夢を見ますか?

寝ている時に手足を動かしたり、「ワフワフ」「ニャニャニャ」と鳴き出したり… それは隠れた病気のサイン。早めの対策で進行を止めることが大切です。

犬猫の梅雨の薬膳

冷たい食事は万病のもと

ペットフードの缶詰を開けてそのまま与えていませんか?どんなにバランスがよく栄養に優れていても冷たい食事はさまざまな病気を引き起こします。

Wholly Vet Natural Animal Health

うちの子に合うお肉・お魚はどれ?

チキン、ビーフ、サーモン、白身魚・・・お魚とお肉は犬猫にとって一番大切な栄養源。愛犬・愛猫にあったものを選んであげましょう。

WhollyVet.comは最新獣医学と自然療法を安全に併用していただくことを目的とした飼い主様・獣医師様向けの情報サイトです。
本サイト内の情報は有資格の獣医師による審査を経て掲載されています。

2016-2017 ⓒ Wholly Vet ナチュラルアニマルヘルス