カルシウム欠乏症

ペットの手作り食で一番大きな問題となるのがカルシウム不足。犬も猫も人間よりもたくさんのカルシウムを必要としています。カルシウムが不足すると骨がもろくなって骨折しやすくなったり、体内のカルシウム濃度を調節する上皮小体(副甲状腺)や腎臓に負担がかかりやすくなります。

初期は異常がわかりにくいので注意が必要です。カルシウムは骨に貯蔵されており、食事中のカルシウムが不足して血液中のカルシウム濃度が低下しはじめると、動物はまず骨からカルシウムを引き出して血液中のカルシウム濃度を保とうとします。そのため、血液検査では異常が現れません。数ヶ月~数年かけて気づかないまま病気が進行して行き、気づいた時には骨がスカスカ状態ということも。

また、カルシウムの与えすぎも別の問題を生じます。自分のワンちゃんやネコちゃんには1日にどれだけのカルシウムが必要かきちんと知っておきましょう。

成人
成犬
成猫

標準体重 1 kgあたりに換算したカルシウム所要量の比較

  • カルシウムサプリを毎日の食事に加える
  • 週数回、生の牛骨や羊骨、鶏ネックをおやつとして与える
  • カルシウムの吸収を助けるビタミンDを適量与える
  • 定期検診の際に、血中カルシウム・リン濃度を確認する

必要なカルシウムの量を調べる

必要なビタミンDの量を調べる

骨つき肉でカルシウムを補給する

カルシウム補給
レシピ