獣医師によるペットの自然食・自然療法ガイド

Naturally Healthy & Happy

2016-2017 ⓒ Wholly Vet ナチュラルアニマルヘルス

知っておきたい手作り食の危険性

UNDERSTANDING RISKS

Home > 手作り食について > 手作り食の危険性

病気の予防や治療に役立つ手作り食。愛犬や愛猫が幸せそうに食事をしているのを見るのは飼い主にとっての喜びでもあります。でも手作り食には危険性もあることを知っておきましょう。注意しないと、健康のためにと思って始めた手作り食が逆に寿命を縮めることにもなりかねません。

こちらのページには、初心者によくある失敗や、安全に手作り食を実践していただくための注意点をまとめました。

カルシウム欠乏症

ペットの手作り食で一番大きな問題となるのがカルシウム不足。動物は人間よりもたくさんのカルシウムが必要です。初期は症状が現れにくく、数ヶ月~数年かけて気づかないまま病気が進行して行きます。自分のワンちゃんやネコちゃんには1日にどれだけのカルシウムが必要かきちんと知っておきましょう。詳しく読む…

食中毒

「犬や猫は人間よりも胃酸が強力だから多少腐っていても大丈夫なんですよね?」という声を時々耳にするのですが、残念ながらそうとは言い切れません。手作り食を食べているペットが病院を受診する理由で一番多いのは、嘔吐や下痢などの食あたり症状です。詳しく読む…

チアミン不足

生食ではなく、加熱調理した手作り食加工品を与えている犬猫に多いのがチアミン(ビタミンB1)の不足。加熱や食品添加物の亜硫酸などによって壊れてしまうのが原因です。また、魚の内臓にはチアミンを分解してしまう酵素が多く含まれているものがあります。詳しく読む…

与えてはいけない食物

人間の健康にはよいものであっても、犬猫にとっては害になるものがあります。与えてはいけないものを事前に知っておきましょう。全リストを見る…

トキソプラズマ症

トキソプラズマという寄生虫は人や動物に感染してさまざまな病気を引き起こします。その主な感染源の一つが食肉です。詳しく読む…

ヨウ素

ヨウ素は甲状腺の機能に欠かせない栄養素ですが、猫ではヨウ素の給与量を一定に維持することが推奨されています。ヨウ素の濃度の変動は、猫の甲状腺機能亢進症を引き起こす原因の一つとして疑われているためです。詳しく読む…

歯みがき

手作り食は虫歯にならない…と聞いて切り替える飼い主さんが時々いらっしゃいます。これは間違い!特に歯の隙間が狭い小型犬は要注意です。詳しく読む…

そのほかの注意点

病気になる前に知っておいて欲しかった…!獣医師が日々痛感していることをリストアップ。知っているのと知らないのでは大違い「獣医師いらず」になるポイント。詳しく読む…

WhollyVet.comは最新獣医学と自然療法を安全に併用していただくことを目的とした飼い主様・獣医師様向けの情報サイトです。
本サイト内の情報は有資格の獣医師による審査を経て掲載されています。

2016-2017 ⓒ Wholly Vet ナチュラルアニマルヘルス