獣医師によるペットの自然食・自然療法ガイド

Naturally Healthy & Happy

2016-2017 ⓒ Wholly Vet ナチュラルアニマルヘルス

食物・環境アレルギーの治療

FOOD & ENVIRONMENTAL ALLERGY

Home > 統合医療について > 疾患別の統合療法ガイド > アレルギー > 食物アレルギー・環境アレルギーの治療

食物アレルギーも環境アレルギー(アトピー)も基本的な治療ステップは同じ。早い段階で気付けば、病院に行かなくても自宅で十分な治療管理を行うことができます。

1. 原因物質を避ける

食物アレルギーの場合

アレルギーの原因である食物を与えない

原因の食べ物を取り除けば、数日〜数週間で症状がなくなります。重症なほど時間がかかります。

原因がわからない場合は ・・・
アレルギーを起こしやすい食物とは

1. 今まで与えていた食事・ペットフード・おやつの成分をすべて書き出す。

2. 与えたことのない食物を与える。手作り食の場合は「タンパク質食品 1 種類 + 炭水化物食品  1 種類 + 野菜・果物2〜3種類」を基本とし、2〜3週間同じメニューを継続。ペットフードの場合は、除去食試験用のフードを使用するか、成分を確認して選ぶ。

  • 症状がなくなった
  • 書き出した食物のどれかが原因!
  • リストの食物を2〜3週間おきに1つずつ足していく
  • 再発したらそれが原因。
  • 症状は軽くなったけど6〜8週間経っても完全に消えない
  • 現在食べている食事を見直す(前に気づかずに与えていた場合あり)
  • 環境アレルギー(アトピー)やノミの対策も行う
  • 他に基礎疾患がないか動物病院で検査してもらう
  • 2〜3週間経っても全く改善しない
  • 食物アレルギーではない!
  • 環境アレルギー(アトピー)やノミの対策も行う
  • 他に基礎疾患がないか動物病院で検査してもらう
  • 現在食べている食物を以前に知らずに与えていた可能性あり
注意事項
  • 全成分がはっきりと書かれていないペットフードや食品の使用は避ける。例えば「肉類」「動物性油脂」と書かれている場合は、どの動物由来かわからないため、アレルギー原因物質を特定することも避けることもできない。

 

  • チュアブルタイプの治療薬や予防薬には牛肉や鶏肉エキス、ポークエキス、酵母が使用されているため、確認する。

 

  • 治療中はワクチンの接種をできるだけ控える。

環境アレルギー・アトピーの場合

原因物質との接触をできる限り減らす

食物とは違い、花粉、ハウスダストなどの環境中のアレルゲンは完全に除去するのが困難。できるだけ減らすことを目標に。

  • 花粉など家の外に原因がある場合:外出後は家に入る前にブラッシングし、体表に付いたアレルゲンを落とす。嫌がらなければ外出時に洋服やマントを着せてあげるとよい。

 

 

  • 皮がむけたり、出血している場合は、無理に入浴させないこと。ブラシやタオルで体表の汚れを落とし、足浴と耳掃除を行う。

 

 

  • 手足の先をよくなめている場合は足浴が効果的。

 

  • 家の中や庭の掃除も定期的に行い、空気清浄機を使用してアレルゲンをなるべく減らす。

 

  • 治療中はワクチンの接種をできるだけ控える。

2. 食事療法・サプリメント

食事療法の基本

  • タンパク質源1種類 + 炭水化物源1種類 + 野菜・果物2〜3種類を基本とし、2〜3週間おきにローテーションする。おやつは禁止するか、食事と同じ材料を使用。レバーなどの内臓肉を使う場合は、主食の肉と同じ種類にする(例:鶏肉が主食の場合は鶏レバーを使う。豚レバーや牛レバーは使わない)。
猫の基本食


全体の80〜90%を肉・魚に
炭水化物は与えなくてもよい

犬の基本食


全体の半分を肉・魚に
炭水化物は与えなくてもよい

  • 食物アレルギーの場合は、原因の食べ物を避け、症状がおさまるまで材料の変更は行わない。原因がまだ分からない場合は、今までに与えたことのない食べ物を与える。
ペットフード成分ガイド
  • アレルギーの原因ではないけれども、アレルギーを起こしやすい状態にする食べ物や物質を避ける。小麦などのグルテンを含む食べ物、炭水化物食品の過剰摂取、遺伝子組み換え食品、ペットフード中の防腐剤・増粘剤などの添加物がこれにあたります。

 

  • 免疫系の正常化や皮膚・腸管の修復に必要なビタミンミネラルを十分量与える。
うちの子に必要なビタミン・ミネラルの量をチェック

症状別の薬膳メニュー

症状チェッカー
当てはまるものが多いのはどれ?

乾燥症状
  • 皮膚が乾燥・カサカサ
  • 被毛がパサつく
  • 粉のようなフケ
  • 若白髪が多い
  • 脱毛
  • ウンチが硬く水分が少ない
  • 舌が乾いている
湿潤症状
  • 病変部がジュクジュク
  • 皮膚が脂っぽい
  • 耳や皮膚が臭い
  • 唾液が多い
  • 大きめのフケ
  • ウンチがゆるい
  • ウンチに粘液が付いていることがある
  • 吐いたものが粘っこい
  • いびきをかく
  • 肛門線が詰まりやすい
寒症状
  • 寒がり
  • 日の当たる場所を好む
  • 寒い日に元気がなくなる・症状が重くなる
  • 病変部や手足の先が冷たい
  • 怖がり
熱症状
  • 暑がり
  • 涼しいところを好む
  • パンティング
  • 病変部が赤く熱をもっている
  • 暑い日に元気がなくなる・症状が重くなる
  • 短気・攻撃的・不安症
  • 夢をよく見る

猫は初期「湿潤 x 寒」→ 後期「湿潤 x 熱」のパターンが多い

犬は「乾燥」が目立つタイプと「湿潤 」が目立つタイプの2通りに分けられる。いずれも「寒」→ 「熱」に進行するパターンが多い。

症状に合わせて食材を選ぶ

乾燥症状が多い 湿潤症状が多い
寒症状が多い
  • タンパク質食品:ラム肉、ヤギ肉、ベニソン、カンガルー、鶏肉、レバー、サーモン、あじ、まぐろ、ぶり、いか、たこ、ほたて
  • 炭水化物食品:キノア 、米、オーツ麦、さつまいも、かぼちゃ
  • 野菜・果物:ほうれん草、クレソンなどの緑色葉物野菜、アルファルファ、アーティチョーク、ズッキーニ、アスパラガス、しいたけ、りんご、あんず、アボカド、いちじく
  • タンパク質食品:鶏肉、七面鳥、ラム肉、ヤギ肉、ベニソン、カンガルー、サーモン、あじ、たら、ます、うなぎ
  • 炭水化物食品:キノア、バスマティライス(インディカ米)、かぼちゃ、とうもろこし、里芋
  • 野菜・果物:うど、ブロッコリー、きのこ、アルファルファ、春菊、ラディッシュ、パパイヤ

精製された炭水化物、でんぷん質の多い野菜はなるべく少なくする。

熱症状が多い
  • タンパク質食品:豚肉、鴨肉、牛肉、レバー、いか、たこ、ほたて、牡蠣
  • 炭水化物食品:大麦、そば、あわ、じゃがいも
  • 野菜・果物:トマト、ほうれん草、アスパラガス、セロリ、大根、レタス、白菜、もやし、ズッキーニ、クレソンなどの緑色葉物野菜、アルファルファ、アーティチョーク、しいたけ、かぶ、れんこん、りんご、あんず、アボカド、いちじく、ブルーベリー、マンゴー、メロン、いちご、すいか、梨
  • タンパク質食品:七面鳥、馬肉、鶏肉、すずき、かつお、さば、いわし、あさり、はまぐり、かに
  • 炭水化物食品:大麦 、玄米、あわ
  • 野菜・果物:セロリ、白菜、春菊、チンゲン菜 、小松菜、とうがん、大根、ごぼう、きゅうり、ラディッシュ、舞茸、なす、もやし、かぶ、たけのこ、レタス、すいか、ブルーベリー、クランベリー、りんごの皮

豚肉など脂の多い肉、乳製品は避ける。精製された炭水化物やでんぷん質の多い野菜はなるべく少なくする。

どのタイプでも使用できる食材
  • タンパク質食品:卵、鶏肉、鴨肉、サーモン、いわし・あじ・さんまなどの抗炎症効果が高い青魚
  • 炭水化物食品:キノア、大麦、米
  • 野菜:ブロッコリー、にんじん、カリフラワー、キャベツ、ピーマン、パプリカ(赤・黄ピーマン)、しいたけ

サプリメント・ハーブ

必ず与える
  • 特に亜鉛セレンビタミンAビタミンDが足りているかチェック。
  • オメガ3脂肪酸:体重 5 kgあたりDHA + EPA として100〜150 mg。魚アレルギーの場合はフィッシュオイルは使用しない。
  • オメガ6脂肪酸
  • ビタミンE必要量より多めに

食物アレルギーの場合はサプリメントに使用される添加物も必ずチェック!

その他
  • アレルギーを抑制することが報告されている食材・サプリ
  • ケルセチンなどのフラボノイド:アレルギーによる炎症を抑える。パセリ、りんご、セージ、ブルーベリー、ビルベリーなどの野菜、果実に含まれる。
  • 鶏卵:卵アレルギーの場合は与えないこと。
  • 免疫を調整する作用があるサプリ
  • コロストラム(牛の初乳・免疫ミルク):牛乳アレルギーの場合は与えないこと。使用説明書に従って与える。
  • キノコエキス:免疫を調整。マイタケ、しいたけ、霊芝、コルディセプスなどを含むもの。使用説明書に従って与える。
  • ネトル(アルコール抽出物・体重 5 kgあたり0.2〜0.5 mL・1日3〜4回)
  • かゆみを抑制
  • 免疫系を調整:マクロファージを活性化することにより、アレルギー原因物質の体内からの除去に役立つ
  • 熱症状(上記を参照)がある場合に特に効果がある
  • 副作用:くしゃみ、流涙がみられることがある。他のハーブや漢方と併用する場合は、専門家に確認を行う。妊娠中、非ステロイド系消炎剤(NSAID)使用中には使わない。
  • 乾燥ハーブよりエキスの方が効果が高い。
  • 消化酵素:未消化の食物を少なくすることで食物アレルギーを予防すると同時に悪玉菌の増殖を抑え、腸の環境を正常化して免疫系のバランスを整えると理論的に考えられている。使用説明書に従って投与。
  • ココナッツオイル:天然の抗菌効果があるラウリン酸を多く含む。お腹がゆるくなる犬猫が多いため、ごく少量から初めて少しずつ量を増やす。体重5kgあたり小さじ1まで。オメガ3脂肪酸やオメガ6脂肪酸をきちんと与えている場合は、食事としてとる脂肪分が多くなるため、無理して与えず、外用や薬浴剤として利用する。
  • リコリス(甘草):消化器症状を抑制。天然のミネラルコルチコイド・グルココルチコイド作用があるため、ステロイドの減量に使用する場合がある。長期使用はしない。湿潤症状(上記を参照)がある動物には使用しない​​。
  • 乾燥ハーブ:30〜100 mg/kgから・1日2回
  • チンキ剤:1〜3滴/kgから・1日3回
  • 乾燥濃縮エキス:20 mg/kgから・1日2回

3. 腸を修復

食物アレルギーやアトピーなどの環境アレルギーの症状を完全に抑えるには「腸の修復」が重要なポイントです。

腸は、食べ物の消化や吸収・排泄を行なっているだけではなく、免疫系全体の70〜80%を担っています。

食物アレルギーの多くは「未消化の食べ物」が原因で起こります。腸管が健康な場合は、食べ物は効率よく消化され、食物が未消化のまま残ってしまっても吸収されることはなく、ウンチとして排泄されるため問題は起こしません。しかし、消化管に炎症や損傷などの異常が生じると、消化効率が落ちて未消化の食べ物が増えるだけでなく、食べ物が腸壁を通り抜けて腸に隣接する免疫組織を刺激するようになります。

このような刺激が軽度な場合や一時的な場合は、免疫組織がうまく対処できるため、アレルギー反応は起こりません。しかし、長く続いたり、アレルギー物質が大量になると、免疫機能が破綻し、アレルギー反応が起こるようになります。

​全身の免疫系は免疫細胞やシグナル分子を通して連絡しあっているため、腸管免疫系への刺激が長く続くと、全身の免疫系も過敏な状態になり、呼吸や皮膚を介して入ってくる環境中のアレルギーにも過剰な反応を起こすようになります。

食物アレルギー、環境アレルギー、ノミアレルギーなど複数のアレルギーが併発しやすく、環境アレルギーの多くが食事療法に良好な反応を示すのは、これが理由です。

アレルギーのもう一つの考え方

   アレルギー閾値説と加算効果

アレルギーの治療でもう一つ重要なコンセプトに「アレルギー閾値」というものがあります。閾値(限界)を上回る量のアレルギー原因物質(アレルゲン)が体内に入ってくると、アレルギー症状が始まるという考え方です。例えば、上の図で、食物アレルゲンを、環境アレルゲンをとすると、少量のまたはが単独で体の中に入ってきても、アレルギー症状は起こりません。しかし、が同時に存在する場合、双方の量を合わせると閾値を超えてしまうため(加算効果)、症状が出るようになります。

そのため、(1)アレルゲンの量を閾値以下に抑えること(2)サプリメントや食事療法などの治療で閾値を上げて症状を出にくくすることの2つがアレルギー治療の目標となります。腸の修復は、このいずれにも役立ちます。

腸の修復方法

1. アレルギーの原因と炎症を起こしやすい物質を取り除く

  • アレルギーの原因がわかっていれば、それを取り除く。
  • 犬猫でアレルギーを起こしやすい乳製品と牛肉は与えない。
  • 猫の場合は、炭水化物食品の摂取を一切やめること。
  • 犬の場合は、米などの穀類をジャガイモ、カボチャ、サツマイモに切り替える。
  • ペットフードを与えている場合は、手作りに切り替える。食事を作る時間がなければ、添加物、防腐剤、グルテンを含む材料を含まないペットフードに切り替える。
  • 浄水器で濾過した水を与える。
  • アレルギーの治療中はワクチンの接種を控える。
  • 抗生物質やステロイド等の薬剤の使用をできるだけ避ける。
  • ペットホテル宿泊などのストレスを避ける。
  • 過度な運動は行わない。

2. 腸を休ませる

  • 週1回、夜ご飯を与えない日を作る(朝に1日分の食事を与えたら次の日の朝まで水かボーンスープ以外は何も与えないようにし、腸が完全に空になる時間を作る)。

3. 腸の回復を促すサプリメントを与える

  • ​スリッパリーエルム:消化管の炎症を抑えて修復。便秘になる場合がある(その場合は量を減らす)。20〜40 mg/kg・1日3回
  • リコリス(甘草):消化管粘膜の再生を促進。長期使用はしない。唾液分泌が多い、太りやすい体質の犬猫には使用しない。
  • 乾燥ハーブ:30〜100 mg/kgから・1日2回
  • チンキ剤:1〜3滴/kgから・1日3回
  • 乾燥濃縮エキス:20 mg/kgから・1日2回

4. 漢方薬

症状が重く、食事やサプリメントの効果を待っていられない場合には、漢方薬の併用が効果的です。

食物アレルギーでも環境アレルギーでも同じ漢方薬が使用できます。症状に合わせて漢方薬を選びます。

症状チェッカー
当てはまるものが多いのはどれ?

乾燥症状
  • 皮膚が乾燥・カサカサ
  • 被毛がパサつく
  • 粉のようなフケ
  • 若白髪が多い
  • 脱毛
  • ウンチが硬く水分が少ない
  • 舌が乾いている
湿潤症状
  • 病変部がジュクジュク
  • 皮膚が脂っぽい
  • 耳や皮膚が臭い
  • 唾液が多い
  • 大きめのフケ
  • ウンチがゆるい
  • ウンチに粘液が付いていることがある
  • 吐いたものが粘っこい
  • いびきをかく
  • 肛門線が詰まりやすい
寒症状
  • 寒がり
  • 日の当たる場所を好む
  • 寒い日に元気がなくなる・症状が重くなる
  • 病変部や手足の先が冷たい
  • 怖がり
熱症状
  • 暑がり
  • 涼しいところを好む
  • パンティング
  • 病変部が赤く熱をもっている
  • 暑い日に元気がなくなる・症状が重くなる
  • 短気・攻撃的・不安症
  • 夢をよく見る

症状に合わせて漢方を選ぶ

乾燥症状が多い 湿潤症状が多い
寒症状が多い
  • 四物消風飲
  • 一貫煎
  • 補肝湯
  • 胃苓湯
  • 除湿胃苓湯(寒症状から熱症状への移行期に)
  • 補中益気湯(消化器の弱りに起因する場合)
熱症状が多い
  • 四物消風飲
  • 普済消毒飲
  • 五味消毒飲
  • 当帰飲子
  • 知柏地黄丸(高齢犬の乾燥とかゆみに)
  • 仙方活命飲
  • 三仁湯
  • 四妙散
  • 龍胆二妙散(妊娠中・元気のない動物には使用しない)
早期または限定的に現れる症状に
  • 突然始まった早期のかゆみに:消風散
  • 腹痛を伴う下痢に:痛瀉要方
  • アレルギー性結膜炎に:玉屏風散
重度または長期化した強いかゆみと熱症状に
  • 清営湯
  • 黄連解毒湯(重度の細菌感染が認められる場合。軽度の皮膚症状や元気のない動物には使用しない。)
ステロイド・抗生物質の副作用に
  • 四妙散(ステロイドにより湿潤症状が悪化した場合)
  • 人参養栄湯(ステロイドの長期使用による疲弊・冷え・消化機能の弱りに)
  • 除湿胃苓湯、四妙散、三仁湯または逍遙散?(抗生物質の長期使用による消化器症状に)

与え方

  • 体重1kg あたり60〜75 mg(添加物を含まない有効成分量として)を1日2回に分けて与える。
  • 1〜2週間与えてみて効果がなければ量を増やす。
  • 食事アレルギーの場合は、添加物の確認も必ず行うこと。
漢方薬を使用する際の一般的な注意事項・飲ませ方のコツ

5. ステロイドや抗生物質は使うべき?

ステロイドや抗生物質を使うべきとき
  • ​アナフィラキシー
  • かゆみが激しく、かきむしってしまう・一晩中眠れない
  • 重度の二次感染が見られる
  • 犬猫が明らかに苦痛を感じている

ステロイドは免疫機能を抑制することでアレルギー反応を抑制します。グルココルチコイド、コルチコステロイド、プレドニゾロン、消炎剤などとも呼ばれます。また、免疫を抑制する薬として、他にシクロスポリン(アトピカ)などもアレルギーの治療に使用されます。

初めて使用する際は、まるで奇跡のように劇的な効果が見られるため、獣医師も飼い主も安易に使用しがちです。しかしこれらの薬剤は免疫系を抑制することで目に見える部分の症状を抑えているだけであって、アレルギーの原因を取り除いたり、アレルギーによって起こる体内のダメージを修復しているわけではありません。使用をやめれば症状は再発します。そのため、何度も繰り返し使用したり、長期の間使用することになります。

免疫抑制剤の副作用

抗生物質は、細菌や真菌による感染を予防または治療するために処方されます。量が足りなかったり、期間が短かったりすると、完全な効果が得られないため、獣医師に指示された通りの量と投与期間を守りましょう。副作用は、乳酸菌など腸の善玉菌も殺してしまうこと、長期の使用により耐性菌が生じ効果が得られなくなることです。そのため、抗生物質の使用後にはプロバイオティクスを投与すること、長期投与が必要な場合には、種類を切り替えながら耐性菌の発生を防ぐことが重要です。

免疫抑制剤と抗生物質の効果的な使い方は、症状を一時的に抑え、その間にアレルギーの原因を取り除き、食事療法やサプリメントなどを使用して、アレルギーに対する抵抗性を高めることです。そうすることで、これらの薬剤の量を徐々に減らし、いずれは投与しなくても再発しなくなります。

もし、かかりつけの獣医師がそういった指導をせずに、症状が再発したり悪化するたびにこれらの薬剤の使用を繰り返すようなら、別の動物病院に相談しましょう。

ステロイド・抗生物質の副作用に使用される漢方薬
  • 四妙散(ステロイドにより湿潤症状が悪化した場合)
  • 人参養栄湯(ステロイドの長期使用による疲弊・冷え・消化機能の弱りに)
  • 除湿胃苓湯、四妙散、三仁湯または逍遙散?(抗生物質の長期使用による消化器症状に)

6. そのほかの療法

免疫療法

免疫療法は、アレルギー治療の最終段階です。原因物質に少しずつ接触させることで、その物質に耐えられるよう体を慣らしていきます。原因物質を完全に避けることが難しい環境アレルギーの治療によく使用されています。アレルギー症状を起こす危険性がありますから、経験のある獣医師の指導のもとで行う必要があります。

この方法を成功させるには、腸を修復し、全身の免疫を正常化させておくことが大前提です。

抗ヒスタミン薬

抗ヒスタミン薬は、ステロイドやシクロスポリンよりも副作用が少なく、軽度〜中程度のアレルギー症状に効果があります。ステロイドや抗生物質と併用されることもあります。特に猫は抗ヒスタミン薬に良好な反応を示します。ただし、ステロイドと同様に、目に見える症状を抑えるだけで、アレルギーの原因やアレルギーによって起こる体内のダメージを治療するものではないため、服用をやめると再発します。抗ヒスタミン薬を一時的に投与して症状を抑えている間に、食事や体質の改善を行いましょう。

アポキル

アポキル(オクラシチニブ)は犬のかゆみの抑制を目的に開発された新しい薬です。JAK1・JAK3という炎症の発生に関わる酵素を阻害します。こちらもステロイド、シクロスポリン、抗ヒスタミン薬と同様に、症状を抑えるだけで、アレルギー自体を治療しているわけではありません。また、JAK1やJAK3は、体内の異常細胞(腫瘍細胞など)の除去、感染の抑制など、生命に関わる重要な働きをしている分子であり、アポキルはこれらの機能も阻害します。

鍼灸治療

それぞれの犬猫の病態や体質に合わせた補助的な治療として使われています。自宅でツボ治療を試してみたい方は、かゆみに効果のあるツボを参考にしてみてください。

WhollyVet.comは最新獣医学と自然療法を安全に併用していただくことを目的とした飼い主様・獣医師様向けの情報サイトです。
本サイト内の情報は有資格の獣医師による審査を経て掲載されています。

2016-2017 ⓒ Wholly Vet ナチュラルアニマルヘルス