獣医師によるペットの自然食・自然療法ガイド

Naturally Healthy & Happy

2016-2017 ⓒ Wholly Vet ナチュラルアニマルヘルス

人・犬・猫 家族みんなで楽しむごはん

チキンとキノアの高プロテインサラダ

2017/02/16

犬猫には主食として、飼い主の方には軽食やメインの付け合わせとして楽しんでいただけるレシピです。

犬猫には主食として、飼い主の方には軽食やメインの付け合わせとして楽しんでいただけるレシピです。作り置きして冷蔵・冷凍保存も可能。

時間:30分

材 料

人・動物共通

  • 鶏胸肉・皮なし

2枚(約500 g)

  • キノア

1カップ

  • ブロッコリー

1株

  • 人参

1本

  • ラディッシュ

2個(なくてもよい)

  • ドライカシス

1/4カップ
ブルーベリー、クコの実でも

  • くるみ

1/4カップ
アーモンド等でもOK

  • オリーブオイル

1/4カップ

  • ターメリック

小さじ1/2

  • クミンパウダー

小さじ1/2

  • 葉物野菜

適宜
ほうれん草、ルッコラなど

人用

  • はちみつ

小さじ1

小さじ1

  • オリーブオイル

1/4カップ

  • レモンまたはライム

大さじ1

うちの犬猫に必要な肉の量をチェック
作り方
  • 目の細かいざるにキノアを入れて流水でよく洗い、水を切ります。鍋に水2カップとキノアを入れ、蓋をして強火にかけます。沸騰したら弱火にし、吹きこぼれないよう蓋をずらして15分間ゆでます。

 

  •  鶏胸肉とブロッコリーを一口大に切り、鶏肉を下にして蒸し鍋に入れ、鶏肉に火が通るまで蒸します(8~10分程度)。蒸しすぎないよう注意。

 

  • にんじん(縦4つ割)とラディッシュを薄切りにします。

 

  • 調理したキノア、鶏肉、ブロッコリーに、にんじん、ラディッシュ、ドライカシス、くるみを加えて混ぜ合わせ、祖熱をとります。

 

  • 祖熱が取れたらオリーブオイル 1/4カップ、ターメリック、クミンパウダーを入れてよく混ぜ合わせます。

 

  • 犬猫の分を取り分け、葉物野菜少々と必要なサプリを加えて与えます。

 

  • 残りは人用として、オリーブオイル、はちみつ、塩を味を加えて混ぜます。量は味を見ながら加減してください。葉物野菜を敷いた皿に盛り付けて完成。
犬猫には主食として、飼い主の方には軽食やメインの付け合わせとして楽しんでいただけるレシピです。

こちらは犬猫用。WhollyVet スタッフ犬とスタッフ猫の大好物です。キノアよりも鶏肉を多めに取り分けています。

栄養情報
薬膳作用
  • 鶏肉

体を温める。特に胃腸の冷えをとり、消化機能を促進することで、血液・エネルギーを作り出すのを助けるため、病後の回復期や胃腸の弱りにも向いている。腎臓や肝臓にも働き、生命力を高め、血の巡りを改善。

  • キノア

体を穏やかに温める作用がある。ペットフードに使用されていることが少ないため、アレルギーの食事療法にもおすすめ。炭水化物食品としてはタンパク質量が高めで、必須アミノ酸のすべてが含まれている。GI値が低いため、糖尿病の子の炭水化物源としても使用できる。マンガン、銅、マグネシウムなどのミネラルが補える。

  • ブロッコリー

犬にも猫にも人気のブロッコリー。野菜を消化しにくい子にもおすすめ。体を温めることも冷やすこともなく、全身の動きをスムーズにし、気持ちを落ち着かせる作用がある。

栄 養
タンパク質 45.1%
脂肪 14.9 %
炭水化物 39.9%
1/5量 全量 単位
カロリー 340.6 1703 kcal
ナトリウム 57.8 289 mg
カリウム 792.2 3961 mg
カルシウム 62.4 312 mg
マグネシウム 112.6 563 mg
リン 377.8 1889 mg
2.834 14.17 mg
亜鉛 2.324 11.62 mg
0.3676 1.838 mg
マンガン 0.9556 4.778 mg
ヨウ素 0 0 µg
セレン 4.06 20.3 µg
ビタミンA 50.4 252 µg
ビタミンD 0 0 µg
ビタミンE 3.142 15.71 mg
ビタミンK 154.2 771 µg
ビタミンB1 0.164 0.82 mg
ビタミンB2 0.377 1.885 mg
ビタミンB3 9.7672 48.836 mg
ビタミンB6 0.882 4.41 mg
ビタミンB12 0.2 1 µg
葉酸 233.2 1166 µg
パントテン酸 2.349 11.745 mg
ビオチン 7.44 37.2 µg
ビタミンC 98.28 491.4 mg
オメガ3 0.46 2.3 g
 DHA+EPA 9 45 mg
オメガ6 2.352 11.76 g
 リノール酸 2200 11000 mg
タウリン 15.9 79.5 mg

加える必要のあるサプリメント

  • カルシウム
  • ヨウ素
  • セレン
  • 亜鉛
  • ビタミンA(猫のみ。ブロッコリーとニンジンにベータカロテンが含まれているため犬では必要量が摂取できる。)
  • ビタミンD
  • ビタミンB群
  • オメガ3脂肪酸(DHA・EPA)
  • タウリン(猫のみ)
  • 骨を与えている場合は、カルシウム、鉄、亜鉛は加える必要はありません。
愛犬・愛猫に必要な栄養を自動計算

WhollyVet.comは最新獣医学と自然療法を安全に併用していただくことを目的とした飼い主様・獣医師様向けの情報サイトです。
本サイト内の情報は有資格の獣医師による審査を経て掲載されています。

2016-2017 ⓒ Wholly Vet ナチュラルアニマルヘルス